ABOUT

あすなろ理研株式会社|青森県産|そばもやし
あすなろ理研株式会社|青森県産|そばもやし
あすなろ理研株式会社

埋もれかけていた伝統野菜との20年間の研究成果。   あすなろガーデンパークは、平川市の山間にある廃校となった校舎を使って津軽の伝統野菜「そばもやし」を栽培しています。 従来のそばもやしは、そばの実を発芽させて作ることで、 そば殻がもやしにくっついてしまっていたのですが、 その問題を独自の栽培製法で解決!! そば殻を取り除いて成長させることで、調理も楽な「そばもやし」を作り出しました。 さらに、パッケージする際も、そばもやしを一本ずつ、 人の目でチェックして、ピンセットでそば殻などを取り除き、 絹のような光沢の「津軽平野のそばもやし」が完成します! 催事などにも出店していますのでどこかで見かけたら 是非その美しさを目で楽しみ、柔らかい食感を味わってみて下さい。 もやしだけど、もやしじゃない! 生のままサラダで。 軽く茹でてお浸しで。 そば寿しのように海苔を巻いて、生春巻きの具に。下処理がいらないので簡単に調理できます。 津軽平野のそばもやし「絹の白糸」は、光を当てていないので、とても柔らかくて、美味しさと栄養価が高いのが自慢です。原料がそばの実ですので、豆もやしと違います。クセがなくてとても食べやすいです。しかも生のまま食べられますので、ルチン、乳酸菌【パントエア菌】が豊富に摂取できます。当社の水耕栽培によるそばもやしは、従来の冬場しか生産できなかった土耕栽培のそばもやしとは、まったく違い、そば殻がついてないので、調理の手間がはぶけます。しかも通年で収穫でき、そば実を蒔いて1週間で収穫できますので、安定供給です。 おすすめの津軽の味です。